あれこれ捨てていると、どんどんモノを入れていたカゴや箱が出てくる。

 

 

「あ!カゴが空いた。

 

これに何入れよう?」

 

 

なんて思う事、数々ある。

 

 

このカゴには、こんなふうにおしゃれなものをいれよう。

 

なんて妄想することもある。

 

 

アロマオイルかご

 

 

やめよう。

 

そんな妄想は...

 

 

いや、妄想はどんどんしよう。

 

「こんな部屋にしたいの」

 

という夢を持つ事はとても大切だ。

 

 

 

モノを減らすステップの一つ。

 

「モノを入れていたカゴや箱を減らす」

 

これ、意外と重要。

 

 

そもそも入れる場所があるからモノを入れてしまうのだ。

 

あれこれ捨ててカゴが空いたなら、

 

そのカゴも捨ててしまおう。

 

 

そのカゴに新たな使い道はあるのか?

 

そして役に立つのか?

 

 

そうでなければ、さっさと捨てる。

 

 

かいものかご

 

 

 

 

そのカゴは買って来たものなのか?

 

それとも何かの景品か?

 

統一性のあるものなのか?

 

 

 

カゴはあればあるだけ、モノを増やす原因となる。

 

入れ場所がないモノは行き場を無くすから、そこで判断する機会が与えられる。

 

 

 

私も牛乳パックやティッシュの箱を使って収納をしたことがある。

 

しかし、それが気に入らなくなってどんどん捨てた。

 

どうせ収納するなら綺麗で丈夫な箱がいい。

 

どんどん入れ替えた。

 

入れ替えしてもまた気に入らなくなって捨てた。

 

 

バングラデシュかご

 

 

 

ああ、人生でどれだけカゴを使うのだろう?

 

そんなこと言ってる我が家にはどれだけのカゴがあるのだろう?

 

カゴがいらないくらいスッキリした部屋にしたいわ。